メニュー

歯の健康を保つ(予防歯科)

プロフェッショナルケアで予防

予防とは治療後、再び虫歯、歯周病にならないようにすることです。

歯ブラシ車でも定期メンテナンスが必要なように、お口の中もプロによる定期メンテナンスが必要です。
壊れた車の代わりはあっても、抜けてしまった歯の代わりはありません!
定期メンテナンスでお口の中のコンディションを整え、自分の歯を大切に守りましょう。

当医院では、患者様お一人お一人に合った、独自の予防プログラムを提案いたします。

お口の中の状態を拝見した上で、虫歯や歯周病リスクの高い部分を、鏡などで実際に見ていただきながら詳しくご説明させていただきます。その後、どのようにお手入れをすればより健康に保てるか、専門知識を持った歯科衛生士から、その方にとって最適な予防プログラムをご提案させていただきます。

歯周病予防

歯周病予防日本人の歯茎の状態は30代以上の8割が歯周病という数字をでています。これほど多くの人がかかっている病気なのです。

歯周病はほとんど自覚症状がありません。一度失われたあごの骨や歯茎はもとに戻らないので、早く気づいて治療することが大事です。歯周病を起こす細菌は口内に毎日たまりますから、日々のケアも大切です。

予防は大切 

定期的に歯科医院での治療を受けていない方の多くは、80歳で平均9本程度しか歯が残っていません。
これが歯の本数だけに留まる話であれば良いのですが、日本歯科評論の調査によると80歳で歯が20本未満の方の実に80%が非自立、つまり介護が必要になってしまうのです。反対に、20本以上歯が残っている方の91%は介護が必要なく自立した生活を送っています。
当院では、80歳で20本以上の歯を残すためプロフェッショナルケアを行っております。

PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)

PMTCとは、専門のトレーニングを受けた歯科医師・歯科衛生士が、歯の表面についた歯垢(細菌のかたまり)や沈着物を特殊な医療器機を使って完全に取り去った後、歯垢の再付着を防ぎ歯の質を強くするためにフッ素を塗布する行為をいいます。

毎日ブラッシングをしていても、摂取量の多いお茶やコーヒーによる“茶渋”、また“タバコのヤニ”などの汚れは歯の着色となります。そして一度着色してしまうと、通常のブラッシングでは取ることができません。
着色は 見た目に悪いだけではなく、歯周病や口臭の原因にもなります。

痛みもないのに、歯科医院に行くのは面倒なものですが、若い時からPMTCを定期的に受けることにより、生涯自分の歯で噛むことができる可能性が格段にあがるのです。
PMTC 

定期検診

一度、歯の治療が終了してしまうと、不都合がない限りそのまま放置する方が多くいらっしゃいますが、たとえ不都合がなくても、気づかない内に虫歯が進行しているケースがあります。
ぜひ、治療が終了したらそのままにするのではなく、歯の健康を保つため、定期的な検診を受けに御来院頂くことをお勧めいたします。

奥歯のうしろや歯の裏側など、自分ではなかなか見づらいのが口の中。鏡でよく見たとしても、見えている所はごくわずかで、全てをチェックするのはほぼ不可能です。
また一般の方が初期のむし歯などを見つけだすのは非常に困難ですから、歯の自己チェックにはどうしても限界があります。歯科医院で定期的なプロのメンテナンスをぜひお受け下さい。

定期検診をすると…

定期検診は、むし歯を早期に発見でき、早期のうちに治療が行えます。むし歯の早期発見・早期治療は、患者さんの肉体的、時間的、金銭的な負担を軽減することにもつながり、とても大切です。

歯石や歯垢を一度でも取っていただいた方はおわかりかと思いますが、処置後の歯は見違えるように美しくなり、気分まで晴ればれと爽快になれます。

美容院やエステで髪や肌の手入れをするのと同じように、自分のお口のケアもぜひお忘れなく!

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME