メニュー

子供の歯の治療(小児歯科)

お子様の歯を大切に思うお母様方は、是非ご覧ください。

小児歯科では乳歯の処置は単に虫歯予防、虫歯処置だけではダメです。

授乳期の時から注意しなければ永久歯の健全な歯列は作れません。
私達はどんなに科学が発達しようと単なる生物です。人間だけが特別ではありません。生物の掟に従わなければ異常成長してしまい後で修正不可能になります。

初めて歯科にかかるお子様は、歯医者さんが怖くて仕様がありません

まずは歯科医院に慣れることが大事です。

歯医者嫌いにならないよう、だんだん慣れてもらってから治療に入るようにしています。
科医院に慣れる

お子様の歯は、溝が多く、硬さも永久歯ほど硬くないので虫歯になりやすく進行は大人と比べて早いのが特徴です。
また、大切なお子様のお口の虫歯菌はご家族から感染するので周囲の方のご協力も必要となります。

ご心配な方は、虫歯の治療が終了したら、シーラント(みぞを埋める予防)、フッ化物塗布と歯ブラシ指導を行います。
どうぞお気軽にご相談下さい。

予防歯科のプログラムはお子様にも適用します。小さいうちから早めにケアすることで、いくつになっても健康で虫歯のない歯にしてあげることができますし、 定期的なケアをしていれば歯並びの良い状態で永久歯に誘導することができます。

虫歯はうつります!~家族ぐるみの虫歯予防~

虫歯はうつりますあまり意識されていませんが、“虫歯”はうつります。虫歯菌として有名なミュータンス菌は生まれたばかりの赤ちゃんの口の中には存在せず、お母さんや周囲の大人の唾液を通して感染することが多いのです。

感染するピークは、乳歯の奥歯が生え始めるころ(1歳7カ月から2歳7カ月頃)。この時期は、一生を通じて最も虫歯が出来やすい時期でもあります。お母さんはもちろん、保育士など乳幼児と接する機会の多い方は、特に積極的な口腔ケアを心がけることをおすすめします。

また、いくら永久歯に生え変わるとはいえ、乳歯が虫歯でボロボロになってしまうと、永久歯が良くない状態で生えてくることがあるので、小さな頃からの口腔ケアはもちろん、家族ぐるみで虫歯予防に取り組むことが大切です。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME